読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴミ屋敷な世界

ゴミ屋敷に住んでる人は、自分がゴミ屋敷に住んでるとは思わない。 「全部必要なものだから」と言っては、モノを捨てずにさらに増やし・・・・・・結果、ゴミ屋敷を日々デラックスに成長させる。 「掃除した方が気持ちよく暮らせるよ」と、端から見ると思う。「ど…

コールドプレイを見てきました

先日なんですが、生まれて初めて東京ドームへ行きましてね。 そこで、なんといいましょうか、いま世界で最も売れてるというか、成功してるらしい「コールドプレイ」っちゅうバンドのライブを見たんですよ。 って、あああ! すいません!! コールドプレイの…

ウメハラ最高ブログ

前回の文章で、僕の愛の限りを尽くして褒めたたえた「梅原大悟」ことウメさんが、先週、慶応大学でビジネスパーソン向けに講演をしたのです。 で、その講演を、有り難いことに講演会費5000円のとこを、ネットで無料配信してくれましてね。しかも“生”配信っち…

僕がいま最も神と崇める人

僕がいま、誰より尊敬する人を紹介します。(というか、今回の文章は5000字もあって長くて死ねるけど、読めば、むっちゃいい話だときっと思うので・・・・・・!頼むから、読んで読んで読んでくださいいいい) それは僕の整体の師匠・・・・・・じゃ、ありません!!! …

傘がガンガゼになった話

雨が降ってるなと傘をさして出かけたら、道途中で傘が「ボン」と音を立て大破し、一瞬にして、まるで鬼の子と呼ぶにふさわしい危険ゴミになった時の話でもしましょうか。 いや、ほんとに、いま話題の突然死とはこのことですよ。 もっといえば、ある日突然、…

前世というのが本当にあるのだとしたら

不思議だ・・・・・・。 まったくもって、摩訶不思議。 ってのも、前回、僕は神の子殺しを白状しました。 まあ、白状したといっても「あなたの前世は・・・・・・」って言われたことに1人盛り上がっただけの、言うなれば“ノストラダムスの大予言”的な話なんですけどもね…

ヴィパッサナー瞑想に行ったら大変なことが起きた話

11月6日に32歳になりました。 32歳・・・・・・ それは30歳のときに感じた危機感を、徐々に忘れゆく歳・・・・・・というか、この2年で危機感どころか何事も気にしなくなる図太さが育まれ、いよいよ人前でリアルなオナラをしてしまうんじゃないかとソワソワな…

ツイキャスで童貞をもらった女の子の話を聞いた

思いついて、選挙のときしか触ったことないツイキャスを触ってみた。 僕は選挙の街宣の手伝いをよく頼まれてきたんだけど、そのときに「ツイキャスだ、ツイキャスで配信しろ」って、ツイキャスを一度も触ったことないような方々によく言われてきた。 いやも…

縄文人が縄文人を語るは、パリスヒルトンがお金を語るにイコール

縄文人について、なんかいまいち伝わってない気がするんです。 僕と仲のいい人や、僕と付き合ったり、一緒にいる時間が長かった人なら、僕のこの“縄文ならでは”の特異な部分が伝わってるはず・・・・・・と、蚊も殺せぬ僕の社会不適合っぷりの目撃証言を誰かがして…

縄文人による縄文人のためのブログ

占星術やら数秘術より、もはや縄文人の特徴のほうが、よっぽど的中率高いんですけど。ほんと、どうすればいいですかね。 もう、いっそのこと名前も改名しちゃおうかな。ミドルネーム入れての、「オカノ・縄文人・マサシ」ってことにして、僕の言うことは縄文…

史上初の縄文人ブログ

縄文人の特徴を見てると、オールクリアどころか、その特徴ハードルを三段飛ばしぐらい飛び抜けてるのが僕なんですけどね。 ほんと、なにが起こったんだ僕のDNAよ。 思春期に、もこもこ生え茂る体毛に、思わず二度見ならぬ二万度見したというか、なんでこんな…

神通力を持つ和尚から瞑想を伝授された童貞の話

その5。。。さよなら童貞、最終回。 ー前回までのあらすじー 「童貞でも馬鹿にされずに生きるには」との答えを探し求めた童貞が辿り着いたのは、まるで漫画みたいな神通力を身につけた、もはや頭皮すら光り輝く、いと偉い和尚さんの住む山寺だった。 そこで…

神通力を使う和尚さんに弟子にしてと頼みに行った童貞の話4

童貞が行くその4。。。 ー前回までのあらすじー 童貞にも関わらず「もう人生でやることやったし」と嘯く、イッツ・ア・スモールワールドで生まれ育った僕。しかし、そんな僕に、元電通社員という、この世の裏という裏を知り尽くした賢人が「人生は、夢だら…

空海の生まれ変わりと呼ばれる和尚さんて。

出家したい童貞の話。その3 ー前回のあらすじー 前回、ここ数ヶ月で徐々に膨れ上がった童貞フォースがついに爆発。つまり黙示録に予言されていた天使のラッパ音こと童貞ビッグバンが起こり、ここに、「童貞とは、生き方である」とし、フォレスト・ガンプを…

24時間テレビ「童貞は地球を救う」

ー前回のあらすじー 21歳の童貞が、童貞から僧侶へのジョブチェンジを模索。しかし、冒険の末にたどり着いた寺院は、すでに闇の支配下となっていた。そこで闇の魔法、まばゆく光り輝くベンツに目がくらんだ童貞は、混乱、脱糞のステータス異常を受け、その…

出家したかった童貞の物語

10年前。 つまり僕が21歳、精神世界にまみれて9年、ベジタリアン歴4年、占い師歴3年、初めての恋から9年、しかし童貞歴21年、しかもオナ禁歴3年、のころ。 このころ、僕は本気で出家したいと思っていた。 って、最初の自己紹介が絶望臭を醸し出し…

整体の元祖。野口整体とは…なんてね。

二本足の鶏は、それが生きてるうちは自由に立って歩けるのに、それが死んで剥製にすると、なぜだろうか二本足ではどうにも立たない。 生きてるときと、姿形はまったく同じなのです。なのに死んでしまうと、もはや二本足では自立出来なくなってしまう。 こり…

ビンビン古事記物語

Facebookに載せた文章を、このごろはブログにも載せたりしている。 すると、ブログにはアクセス解析なんて機能があって、どの日に、どんだけのアクセスがありましたよこの人気者っていうのが分かるようになってるんだけど、 これが不思議なことに、5日前の…

モスバーガーは、あっちの世界の入り口

「ここで働かせて下さい。」と書かれたTシャツを着てる初老の男性が、モスバーガーで、あごに手を当て首を傾げている。さらには、たまに斜め上を見上げ、ぼーっとなにかを考えている。 これは面白い。なんという圧倒的な存在感。一目見て分かってるのに、何…

美しさってなんやろね

点と点があると、その間の空白に線を引きたくなるのが人間ってもんです。 というか、線を引きたくなるじゃなくて、無意識が見えない線を自動的に引いちゃうんでしょうな。人間の想像する本能というか。もっといえば無意識が、その空白に線を引きたくて引きた…

ビンビンの下駄

昨日の文章に急にコメントがいっぱいついたんですが(Facebookにあげたらついたんです。ここにはゼロ)、あの、みなさん、もうちょっと考えてはくれませんか。 てのも、僕は繊細なんです。下品だけど、趣味は石拾いなんです。かわいい石を拾っては、この石の…

楽しみの下駄

お酒を飲むと楽しくなるという人がいる。 僕がお酒を飲まないというと「あら可哀想に」と「なにが楽しくて生きてるの?」と聞いてくる人たちのことだ。 もしくはそれこそ僕に八塩折の酒を飲ませ、それにより昏倒した隙に僕の股間のヤマタノオロチを顕現させ…

まさにブログ的な自己顕示欲

身体を調整したら、文章を書く気が起こらなくなった。 と同時に、あろうことか、突として絵を描きたくなった。 「絵を描きたい」なんて、ここしばらく頭の中にこれっぽちもなかったのに。なのに身体が変わった途端、その身体と一緒に感性も変わったのか、つ…

ストライクゾーン物語

前回のあらすじ。 「よーし、今日もアウトローいっぱいに投げちゃうよー」と、今日も今日とてストライクゾーンぎりぎりにボールを投げてる男がいた。彼は、このきわどいコースにこの変化球を投げれるなんて、こりゃ西田局長もびっくりだなと探偵ナイトスクー…

始球式はじめました

「よーし、気が狂ったような文章を書きまくるぞー」 と思ってた矢先、「活元運動」ってな自分の身体をボキボキ調整するアオミドロの物真似みたいなことをしてたら、これが間違いで、身体の偏りが解消され文章を書く気がチーンと失せ、なんだか清浄な面持ちに…

UMA(未確認生物)現る

近所にオペラ歌手が住んでいるらしい。 なぜ「いる“らしい”」なのかというと、未だその姿形は未確認なのだが、時折、まるで生命エネルギーの発露もしくは発情期って感じの発声音が「ほっ、ほっ、ほっ、ほっ、ほっ、ほ~っ」と近所中に響きわたるからである。…

口癖が「地獄」

最近、口を開けば「地獄地獄」言ってる気がする。 「やあやあ、今日も暑いですなあ」 「ほんと、地獄のようですねえ」 という感じで、わりとほがらかに地獄を駆使している気がする。 で、このままだと「この際だし、ただの地獄だけじゃなく八大地獄を暗唱出…

夢地獄

夢の中でとんでもない本を読んだ。 普通、夢の中で本を読むと、読んでる最中にぐにゃあと本文が歪んだり、同じ文面が地獄のように無限に続いていたり、読もうとするたび隣の席のおばさんの存在感が異常すぎて集中できなかったりするけど、今回はまったくそう…

「ハウルの動く城」は今の時代そのものだなあという話

魔法の世界に逃げ込んだ男の子ハウルと、仕事ばかりで心がお婆ちゃんのように干からびた女の子ソフィー。 この二人が出会って共同生活を送ってると、さて戦争という社会的な義務が発生し、二人はこの義務に立ち向かわざるを得なくなる。 義務から逃げ続けて…

誰も見てないから書ける「シン・ゴジラ」の尻尾のこと ※ネタバレレビュー

庵野さんの「シン・ゴジラ」を見てきました。 庵野さんといって思い出すのは、僕が数年前に劇場でエヴァQを見たときに、その途中から電撃的な尿意におそわれ「ああ、もう我慢できん!」とシートを緊急脱出したが最後、戻ってきたらカヲルくんが死んでて、な…

あのハエは、なぜあの小ささで、愛を交わす相手を簡単に見つけられるのか

カレー屋でチーズナンを食べてると、その匂いに釣られたのか「小バエ」がふらふら飛んできた。 よっぽどの存在感じゃない限り、僕は虫で騒がない。むしろこのぐらいは「来客現る」程度のもので、テーブルが賑やかになっていいくらいに思ってしまう。 僕が気…

「オカノマサシの弁明」

来月の18日に、イベントをすることになりました。 タイトルは「オカノマサシの弁明」です。 オカノマサシとは僕の本名なわけですが、そのタイトルから読めるように、僕が自らの罪を弁明するというイベントをします。 どんな内容かというと、内容は「ソクラ…

「かくかくしかじか」を読んで、恩師とどうやって巡り会うかを考える

マンガ大賞っていうのがあって、その今年の大賞に「かくかくしかじか」という漫画が選ばれたのだそう。 まあ、「選ばれたのだそう」なんて他人行儀に言いましたが、実は僕も、この漫画が大好きです。さきほど2日前に発売された最終巻をファミレスで読んでは…

泥棒に入られて気づいたこと。

うちに泥棒が入りました。 というわけで「お金が消えた!!」と交番に飛び込み、お巡りさんがうちに来て、そのあとに刑事さんと鑑識の人も来て、なんやかんや今日はいろいろと初体験の多い日になりました。 しかし、びっくりしましたね。財布あけたら空っぽ…

「ワンダと巨像」の物語は神話となった。

まえにfacebookに「ワンダと巨像」ってゲームのレビューみたいなものを書いたんですけど、それを、去年の暮れあたりに作ったブログに載せてたんです。 記事を書いても、facebookに載せてるだけだと行方不明になりますからね。だから、検索にも引っかかるし、…

かぐや姫の罪と罰。月とは、あの世のことであり、僕らもいずれ月へと帰る。

かぐや姫の「罪」は「地球にあこがれを抱いたこと」だという。 そして、その「罰」が、「地球に降ろされること」なのだという。 かぐや姫は月から来て、また月へと帰る。 月というのは「あの世」のことで、「あの世」から、この地球へ「生きるため」に、かぐ…

ブッダは瞑想なんかよりずっと大切なことを教えてくれた

実はブッダは、瞑想なんかしていないんじゃないか。 まえの自信がどうこうの記事の最後に「自分を測る」ということを書いたのですが、書きながら「ああ、これってヴィパッサナーのことかもしれない」と、ふと自分で気づきました。 (分からない人のために書…

タモリ

タモリ。 もう、この字の並びだけで僕は少し笑ってしまう。カタカナ3文字で「タモリ」。ああ、なんて圧倒的な存在感なのか。 このカタカナ3文字の衝撃は、「ブッダ」の衝撃に似ている。 もしくは「イエス」か、「アラー」か、「アダム」か・・・・・・。この「タ…

自信というのは「憑依」である。その3。自信に操られない生き方のすすめ。

「赤ちゃんになれ!」 これが、僕が昔「どうやったら自信ってつくの?」と人に相談を受けたときに答えたことだ。ただ実際は、こんなことは口に出すまで思いもしなかった。思いもせず、ただ出るに任せて言ってみたら、あとから考えても「僕って、いいこと言う…

自信というの「憑依」である。その2。催眠術師は、人の「自信」にはたらきかけ、人を操る。

催眠術師は、人の「自信」にはたらきかけ、人を操る。 僕は過去、催眠術セミナーのアシスタントをしていたことがある。いま思えば大変で、僕が催眠にかかる(本当は、かかってあげてるんだけど)と見るや、誰も見てないところで「あなたは私のいいなりになる…

自信というのは「憑依」である。自分の自信に振り回される人達。

「自信」というのは「憑依」と似ている。 ことを行い、うまくいき、自信がつく。 “つく”だなんて、なにが、どこに、どうやって一体ついているのか? それをよくよく考えていくと、なにやら「自信」というのは怪しいものだと思えてくる。 一般的に、自信は人…

跡を「つぐ」とは、己の中に獣を飼うことである

【嗣】 「嗣」は家の跡目をつぐこと、あるいは官位などの位を継ぐこと、またはその儀礼をあらわす。「嗣」は「口」と「冊」と「司」の組み合わせで、「冊」は儀礼の際にもちいる犠牲(いけにえ)の獣を飼っておく柵の形。その儀礼は犠牲を供え、祝詞(口)を…

考え尽くされた気もする、愛について

愛ってなんなんでしょうね。ちなみに僕は「愛とは忍耐だ!」と言って、よく無視されます。僕ごときが愛なんて語るのが、そもそもの諸悪の根元なのかもしれませんが・・・・・・ともかく僕は、愛とは「忍耐」だと思うのです。漢字で書くと、「忍ぶ」に「耐える」で…

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。 大晦日にも書きましたが、大晦日の夜から、僕は伊勢神宮(内宮)の初詣の列に並んでいました。 いろいろ不思議なもんです。鳥居の前に並ぶというのは。 鳥居を前に、一年の終わりとはじめの夜に、見ず知らずのみんなに溶け…

世界の“ゆがみ”から覗く、“ナニモノ”かの話

野武士にもし10万円わたしたら1 ‐ ニコニコ動画:GINZA 「おぎやはぎ」っていうコンビのお笑い芸人がいましてね。僕も好きなんですが、彼ら番組で「ホームレスに10万円を渡したら、1時間でなにを買うか?!」っていう実験企画があったのです。それで、お…

youtube版 「身近な妖怪とのつき合い方」

先日お知らせした「身近な妖怪との付き合い方」なんですけどね……。これがですね。僕はUstreamって言って、その様子をネットで中継する役をしてたのですけど、まあそれをするとカメラの操作から10秒遅れの配信動画と音声の確認やらをするわけですよ。イケメン…

「クラウド・アトラス」ネタバレレビュー。“この心の声が自分の声だと本当に言い切れるのか?”

あなたは悪魔に会ったことがありますか? 僕はあります。何度か見たことがあります。幽霊ではありません。悪魔です。 驚くべきことは、悪魔はあまり自分を出すことはしないのです。身をひそめては、この映画のようにゴチョゴチョと人の耳に何かを吹き込む。…

みんな子宮を持っている。

ふとテレビをつけると、中島みゆきのライブ映像がでましてね。 袖をめくりあげた白シャツにGパンの格好で、ライトにピカピカ反射する青いアコギを抱えていましてね。それで「地上の星」を、どこに寄りかかるわけでもない強い目で、それでいて正面からまった…

「ツァラトゥストラ」を僭越至極ながら語る

「ツァラトゥストラ」という本がありまして。僕は数年前に初めてこの本を読んだとき、それまでの読書で感じたことの無かった、ある体験をしました。一体どんな体験か・・・・・・というと、それは誰にでもある「感動」体験だったのですが、ただ一つ異質だったのは…

アレイスター・クロウリーはこう言った。地に足を着け魔術を考える。

もう10年以上も昔ですけど、魔術に関する本を読みあさっていた時期がありまして・・・・・・。って怪しいですね。まあ、人生で一番モテなかった時期だったのでそこは勘弁して欲しいのですが、ともかく人生経験も教養もなにも無いクセに、とりあえず意味も分から…