読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明けましておめでとうございます

f:id:nagarau:20150113194321j:plain

 

明けましておめでとうございます。

大晦日にも書きましたが、大晦日の夜から、僕は伊勢神宮(内宮)の初詣の列に並んでいました。

いろいろ不思議なもんです。鳥居の前に並ぶというのは。

鳥居を前に、一年の終わりとはじめの夜に、見ず知らずのみんなに溶け込むわけです。

それは、賑やかな死人の行列のようです。まるで、あの世へ旅立つ列のようです。

鳥居をくぐったところで、僕らはきっと儀式的に死んでいるのでしょう。

そして鳥居から出たとき、また新しい年に、新しく生まれた自分になるのでしょう。

並んでいると「元旦の日は、普段あかない神殿の扉が開くんだよ」という声がどこからか聞こえたので、「もしそうだったら正面から神殿を見たい」と、列の外側のほぼ倍の時間をかけ、列の中央から僕は鳥居をくぐることにしました。

すると扉は・・・・・・御扉というそうですが、門の向こうの神殿の御扉は開き、そこで中を隠そうとする白いヴェールがひらひらと風で揺れていました。

「ヴェールの向こうには何が・・・・・・」

そこには、ただ闇がありました。闇という存在が。

見た人誰もが言葉をなくすような、本物の闇が・・・・・・。

心臓が揺れました。世界が静まりかえりました。

まるで闇が身体の奥まで届いたかのように、僕は闇に照らされました。

   

・・・・・・もしかしたら、闇は、究極の光なのかもしれません。

ただの光は人の表面を照らしますが、ただの闇じゃなく、存在としての闇は、まるで人の中に一筋の道をつくるように、その人間の存在を照らす。

言葉がなくなりました。

そして次の日、伊勢では見えないと聞いてたので、津の海岸から僕は初日の出を見ました。

それは、いままで見た日の出で、一番優しく、一番美しいものでした。

ありがとうございます。

この一年も、どうかよろしくお願いします。