読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

史上初の縄文人ブログ

縄文人 身体

縄文人の特徴を見てると、オールクリアどころか、その特徴ハードルを三段飛ばしぐらい飛び抜けてるのが僕なんですけどね。
 
 
 
ほんと、なにが起こったんだ僕のDNAよ。
 
思春期に、もこもこ生え茂る体毛に、思わず二度見ならぬ二万度見したというか、なんでこんなに耳垢は湿るわ、くせ毛だわ、自黒だわ、そして異次元のボーボーになってしまったんだ僕よ。
 
 
 
そもそも温泉で、自分より毛深い人を見たことがないって、一体どういうことなの??
 
 
おかげでグラビアアイドルばりに、僕の裸体は人目を引くというか、小さい子が隠れてチラチラ見て、お父さんになにやら小声で報告してるというか、おいおいおい。これは見せ物じゃないんだぞ坊や。
 
 
 
ともかく、僕はそういうナンバーワンの星に生まれてしまった。
 
誰より足が速いとか、誰よりホームランを打てるとか、学力トップだとか、そういう数あるナンバーワン星のなかの、よりによって毛深い人ナンバーワン星に生まれてしまった。
 
 
しかも努力してそうなったじゃなく、生まれながらのギフトによるものなので、返したくとも、これが死ぬまで王位を返せないのである。
 
他のナンバーワン星に比べても、人からの、いくぶん変わった注目を集める星なので、出来れば若いうちに返上したかったが・・・・・・おかげで、人から奇異な目で見られるのにも随分と慣れた。
 
 
 
おお神よ、なんか生まれる場所とか時代が違った気がするんですけど。
 
明らかに僕だけ、周りの人たちと人種というか、DNAが違う気がするんですけど。。。
 
 
 
そういえば昨日、youtubeで、自分をハスキー犬だと思って生活してる猫の動画を見たけど、もしかして僕もそれなんじゃないか?
 
いまは日本人として社会生活を営んでるけど・・・・・・いや、正直、綱渡りも甚だしいほどに現在進行形で生活破綻してるというか、これ、もしかして「潜在意識を変えたら」とかのレベルじゃないんじゃないか。
 
 
 
潜在意識のブロックを外せばなんちゃらとよく聞くけど、もはやそういう次元じゃないんじゃないか? 
 
  
潜在意識以前の、もっと根深いところで、日本の経済的な社会生活に適応できないなにかが僕にはあるんじゃないか?
 
 
「海の中で、肺呼吸で暮らす」レベルのことを、もしかしたら僕はやってんじゃないか?
 
 
 
そういえば、整体の先生に初めて背骨を見てもらったときに「え! なにこれ!」って驚かれて、あとから、余所で指導室を開いてるお弟子さんが挙って僕の背骨を観察するってな会が開かれたし。
 
 
 
これは、どう考えてもおかしい。
 
僕が刑事コロンボなら「これは、においますなあ」どころか、もはや事件解決のカギが見事に揃ってるレベルじゃないか。
 
 
僕は、ハスキー犬と一緒に散歩する、リードの付いた猫なのか。みにくいアヒルの子なのだろうか。
 
 
 
 
ともかく、僕の縄文系の気質が行きすぎてて、そのために日本の、一般的な経済的社会生活を営める能力がないとしたら、僕は一体どうすりゃいいんだ。
 
 
 
もしかして、楽しそうに農業生活をする友達を見てもなんの羨ましさの欠片もないのは、それが原因なのだろうか。僕のDNAには、稲作文化が刻まれてないのか。
 
実際、しこしこと農に勤しむより、夕飯の買い物で、八百屋からスーパーへと梯子しての、激安おつとめ品漁りのほうが、よっぽど僕を幸せにする気がする。
 
今日も、400円の秋姫プラムが、200円に値引きされてるのを見つけては、ひゃっほー!!と歓喜のエクスタシーを感じてしまったけど、これも縄文系の狩猟本能なのだろうか。
 
 
 
おおお。
 
思えば僕は、いままで自分からお金を稼ごうと思ったことがないじゃないか。する仕事といえば、人から頼まれたか、紹介された仕事しかしてないというか・・・・・・。そもそも、働いたとこで、お金を貰えない仕事を一体どれだけやってきたことか。
 
 
むしろ、報酬はいくらって言われて仕事したのに、結局貰えてませんな仕事もあるし。人にお金を貸して、結局、どんだけ戻ってきてないんだって話しだし。
 
唯一、自発的にお金のために仕事をしたのは、当時付き合っていた女の子にお金が必要だったとか、その子を食べさせたいと思ったからで、やはり僕は、誰かのためにしかお金を稼いだことがないというか、人と自分の境界が非常に曖昧なのかもしれない。
 
 
 
そのぶん、好きな女の子にはトロトロだし、狩ってきた獲物(おつとめ品のプラム)をプレゼントするのが生き甲斐な・・・・・・まったく僕は、なんてお人好しなゴールデンレトリーバー人間なんだろう。
 
 
海の中で肺呼吸してたら生きてけないのに、なのに肺呼吸しか出来ないなんて。
 
 
ああ、この先、僕は生きていけるのか。いや無理じゃないか。そろそろ、お天道様に見放され、そこらでしっぽり野垂れ死にするんじゃないか。

あー天然記念物に指定されてー。